"/>

キマグレにニュースを配信

キマグレポップ




芸能

小室哲哉はやはり嘘つきだった。KEIKOは要介護ではない?看護師と再婚か?

投稿日:

2018年1月19日、週刊文春が不倫を報じた事によって小室哲哉が記者会見した。

介護疲れ、C型肝炎などの緩和のために自宅に看護師の女性を呼び寄せニンニク注射を打ってもらいそのまま夜を共に過ごすことがあったというのだ。

 

小室哲哉は2002年にglobeのボーカルであったkEIKOと再婚。しかし2011年10月KEIKOはクモ膜下出血で倒れた。

その後長きにわたって小室哲哉は妻KEIKOの介護をしてきたかと思われていた。

記者会見で妻KEIKOに関して小室はこう明言していた。

『今は小学4年生の漢字ドリルを楽しくやっている状態』『夫婦として大人の女性としてコミュニケーションができない』

『介護疲れ』

 

不倫に関してはこう言っていた。

『お恥ずかしいが5年前から男性的能力が無く男女の仲ではない』

 

この会見後、小室哲也は芸能界引退を宣言。

週刊文春が小室哲哉を引退に追い込んだとして世間は文春を批判した。同時に『介護疲れ』の小室には多数の同情も集まった。

あのホリエモンもTwitterで『文春クソ』とつぶやいていた。

しかしあの会見がウソにまみれていたとしたらどうなるだろうか?

小室哲哉はKEIKOの介護なんてしていなかった

クモ膜下出血は3人に1人が亡くなる。後遺症も起こりやすい。

KEIKOが必死にリハビリしてきたのは事実だが小室哲哉はほとんど関与していないという。

 

KEIKOの親族の証言によると『小室は彼女のサポートなんてしていないから介護疲れと言っているのはおかしい。それに現在KEIKOさんは要介護ではない。』

とのことです。

これでは会見と違いますね。小室哲哉は会見で『KEIKOはコミュニケーションもできず小学生の漢字ドリルを楽しんでいる』とハッキリ言っていたのですが。

親族が提供したkEIKOさんの現在がこちらです。

 

現在は仲間とカラオケにも行っているのだとか。

小室哲哉はKEIKOとは別居している。不倫相手と再婚か!!

会見で小室は『これからは妻と向き合っていく』と語ってたが現在は別居していてKEIKOは大分の実家で暮らしていて小室は別の高級マンションに引っ越し、会見後は一回もKEIKOに会っていないという。

 

その新しいマンションにはもちろん不倫相手の看護師が出入りしている。

 

本気で再婚しようとしているのだとか。

頻繁に夜を共にするのに『男性機能が無く男女の仲ではない』というのはありえない。

KEIKOからファンヘのメッセージとは?

小室は会見で『KEIKOとはコミュニケーションがとれない状態』と明言していたがそれは真っ赤なウソだった。

親族も証言しているし写真もある。

KEIKOは2018年1月の会見を見て怒りや恨みの涙を流したという。

あのような全国へ流れる場で堂々とウソをつくのは異常である。

KEIKOは文春でファンへのメッセージを綴っている。

『ご心配いただきありがとうございます。私は元気です!』

会見を信じてKEIKOさんの状態を心配していましたが安心ですね。よかったです。

まとめ

今回小室さんの会見の内容とKEIKOさんの現在がかなり違っていることがわかり、それによって会見が大ウソだったという事がわかりました。

人間は自分を守る為ならどんなウソもつけるものなのですね。政治家もそうですもんね笑

ウソをついても人を傷つけるのはダメですね。

会見がウソであったとしても現在のKEIKOさんが元気なのはなによりです。

-芸能
-, , , ,

Copyright© キマグレポップ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.